これからがこれまでを決めてゆく

辻麻里子さんの遺作『藍(あお)の書』

 

待ち焦がれていた辻麻里子さんの遺作『藍(あお)の書』が届きました。

Amazonでは3月6日。

書店では3月8日発売となっていますが

それより先に池袋の書店で発見し、手に取りました。

とても感慨深い思いです。

 

 

『藍の書』本編の前に、発行者今井弘樹氏の

『突き抜けていった人、辻麻里子さん(「解説」にかへて)』と

エッカー順子氏の『『藍の書』創刊にあたって』を読んだのですが

辻麻里子さんとの交流の様子や刊行の経緯を知り

胸が熱くなって涙が溢れてきました。

 

 

C・G・ユングの『赤の書』がスイス銀行に保管されていたように

スイス在住のエッカー順子さんが保管していた『青の書』は

『藍の書』として刊行されました。

 

『赤の書』は夢を通して集合的無意識と宇宙意識を真っ直ぐにつなぐもの。
そこには肉体的な情熱が含まれている。

『青の書』は夢を通して人類の集合意識と宇宙意識を真っ直ぐにつなぐもの。
そこには精神的なものと冷静さが必要だという。

G曰く、最終的には、赤と青の奥義を用いて一人ひとりが『紫の書』を完成させることだという。
情熱と冷静をもって『紫の書』を精製するのだと。
そして書物が紐解かれ、地上に降ろされる時期については、
人類の集合意識の進化と大いに関係があるのだと。

(エッカー順子氏の『『藍の書』創刊にあたって』より)

 

『赤の書』『青の書』の先にある『紫の書』。

それに到達するために重要な人類の集合意識に関しては

『藍の書』の《人類はなぜ22を超えられないのか:ある人の誕生日に見た夢より》

を読んで、様々な想いが込み上げています。

 

ここに書かれている8組の親子。それぞれの思惑は宇宙的な父性といえるのか。

人類がいつまで経っても22を超えられない理由・・・

「潜在意識が自他を区別しない理由はここにあるのかな。」

そんなふうに考えながら目覚めました。

 

 

『藍の書』を通して、今の自分とこれまでの自分

そしてこれから先の自分を重ね合わせ、一歩一歩歩んでゆく

そんなふうに読みすすめています。

 

 

2019年の星の扉のテーマは『意外な方向性を知る日』

再びテーマの意味を再確認すると、「抵抗すればするほど翻弄されている」

そんな自分がみえてくるようです。

 

2011年から2020年までのテーマを記事にしています。

 

 

 

C・G・ユング同様「夢の領域を探検するもの」だった辻麻里子さん。

自分の中にも闇が在ることを認めないかぎり、宇宙の創造に加わることはできない。
誰でもない。自分自身であり続けるために、人は光と闇を統合し続ける。

(『宇宙の羅針盤(下)』より)

 

辻さんの文章は常に的確に言葉を捉え無駄が無い。

付け加えたり差し引いたりすると、もともとの純粋さが失われてしまうとさえ感じます。

だから、ただそのままを感じることがすべて。

 

 

『それでも人は生きてゆく

 人類よ、力強くあれ』

 

星の扉の366日目である12月31日のテーマは、

常に勇気を与えてくれます。

 

 

 

■ 関連記事 ■

 

 

 

【2019年重版】

『宇宙の羅針盤<上> ― 22を超えてゆけⅢ』

 

 

【2019年3月発売】

未完の遺作『藍の書』

 

 

【2018年重版】

『6と7の架け橋 ー22を超えてゆけII』(太陽の国へVer2)

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP