これからがこれまでを決めてゆく

ルノルマンを新たなステージに導いたものは・・・

 

 

骨太スピリチュアル(ホネスピ)の朋美です。

 

新しいルノルマン・ピケを手にして

約1ヶ月が経ちます。

 

今まで使用していたルノルマン・ピケは

手のひらに収まるトランプサイズ。

手に馴染むのでシャッフルし易さも魅力でした。

 

 

 

それに比べると、

新しいルノルマン・ピケは大きい!

最初見たときビックリしましたが

いざ使ってみると、さほど使い難さを感じない。

 

表面につるんとした加工が施してあって

高級感があるだけでなく、

触っていると気持ちがいいんです♪

 

 

新ルノルマン・ピケ用のBOXも作り

益々親しみが湧いてきます。

 

 

 

ルノルマン・ピケ~未来を描くグランタブロー~』を

読みながら

マドモアゼル・ルノルマンの

生い立ちや時代背景を再確認。

 

 

シンボルとして

カードの意味を紐解くのに欠かせない要素です。

 

 

 

ルノルマンは幼少期から不幸の連続。

そんな田舎町の少女が

義父を頼りにパリにやってきて

思いがけずプレゼントされたのが

カバラ数秘術の本。

 

ルノルマンを新たなステージへと

導くきっかけとなました。

 

 

 

マドモアゼル・ルノルマンを知るほどに

ルノルマンカードにも惹かれていくようです。

 

 

ルノルマンに出会ってからなのか

それとも時代の流れなのか

確かなことは分かりませんが

私の時間感覚は確実に変わっています。

 

 

 

今更ながら

「ルノルマンは面白い!」

実感している今日。

 

 

この魅力をルノルマンのお茶会でも

お伝えできればと思っています。

 

 

 

今日もありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP